5月のショップオープン予定と現場見学のお知らせ

2015年4月30日

5月のホームスパイスショップのオープン、前半はほとんど無いので、ご了承下さいm(__)m

9日(土)は11:00~16:00までオープンしています。

 

そのかわり・・・と言っては何ですが、現在進行中の川越の店舗現場におりますので、リフォームのご相談リフォーム中を見てみたいと思われる方はお電話ください。

電話番号  048-212-0709(携帯へ転送されます。非通知は受けられない設定になっています)

電話をいただかないと対応できないこともありますので、よろしくお願いします。

5月1日、2日、7日、8日、11日~15日は川越の現場にいます!

なぜ現場に常駐なのかは・・・お越し下さった方だけにお話しします(^_^;)

昭和レトロな一軒家を改装中です。

IMG_3496_R

場所は昨年工事をさせていただいたかごと帽子のお店「KIKONO」さんのすぐ近くです。

場所がわかっても、敷地内に許可なく入らないようにお願いします(家主さんにご迷惑になりますので)。必ずお電話下さい。

4月29日(水)リフォーム中の現場が見学できます

2015年4月26日

川越は蔵造りの街で、昭和レトロな建物を花とギャラリーのお店へと改装中です!

before1

着工前

 

解体を終えたばかりですが、こちらの昭和な建物がどのように生まれ変わるかは5月末のお店のオープンを楽しみにしていてもらうとして・・・

 

4月29日(水)祝日には、私(盛)が現場に一日いますので、窓越しですが、リフォーム中の現場をご覧いただけます!

中古を買ってリフォームしたいけど、昭和の建物ってどんなだろう?と不安に思っているあなた!

お店を開業したいけど、店舗物件が見つからない・・・というあなた!民家を改装するという手もあります。

そんな方をご案内できますので、ご覧になりたい方は下記まで電話ください。ご案内致します。

盛に会ってみたい!という方も歓迎(笑)

 

IMG_3496_R

現場チラみせ・・・

 

 

048-212-0709(現場にいる盛の携帯へ転送されます)

★物件がわかっても、必ず電話してお越し下さい。(非通知設定の方は通知をしてからお電話下さい。つながらないようになっています)

 

場所は、昨年ホームスパイスで店舗施工をさせていただいた、かごと帽子のお店「KIKONO」さんから徒歩50歩(笑)です。

 

川越では、4月29日はハンドメイドの雑貨市が開催されます!

KIKONOさんもハンドメイドの雑貨市のスタンプラリー会場となっていますので、雑貨市を楽しみながらリフォーム現場へお越しくださいね。

そらいろ絵本さんが主催されているハンドメイドの雑貨市、新座で開催されたときはホームスパイスも会場となったことがあり、ハンドメイドファンが多数来場され、たいへんな賑わいになります!

 

知り合いの作家さんも参加されるのでぜひ行きたいと思っていましたが、当日は現場で作業のため、目の前に会場があるのに残念です・・・(-“-)

現場へお越しの方、土産話を聞かせて下さいね(^○^)

そして必ずお電話をお願いします!盛も真っ黒になって作業しているかも知れないので、準備時間(数分)を下さいね!

 

 

 

水戸のPLUS HAUSさんで勉強会。

先日、AHOAHO会の仲間である水戸のPLUS HAUSさんへ行ってまいりました。

 

IMG_3420_R

 

↑こちらはPLUS HAUSの榊社長のおうち。

ホントは事務所に先に伺いました。

 

素敵な事務所だったのに、撮った写真が↓これ1枚(^_^;)

飛び入り参加のイケメン兄弟、宇都宮のK-Livingさんにお会いして、イケメンをカメラにおさめなければ!と、事務所で撮った写真がこれ1枚(^_^;)

師匠!イケメン兄弟に会いましたよ~(^○^)

 

IMG_3386_R

 

失礼なことに、PLUS HAUSの榊社長と榊専務、純子さんを入れずに記念撮影してしまいました。ゴメンナサイm(__)m

千葉のオンリーユーホームの山本さん、みんなのまとめ役コビちゃん、そして田中と私(盛)が今回の参加メンバー。

 

事務所で色々話した後は、楽しみにしていたPLUS HAUSさんのおうち見学ツアー!

 

IMG_3394_R

自然素材をつかった、スタイリッシュな家づくりが得意なPLUS HAUSさん。色使いが渋いデス。

 

IMG_3397_R

紺にも見える、深ーいグリーンにも見える塗装壁。カッコいい・・・ 巾木を使わない納まりは、ホームスパイスを真似したとか。嬉しいデス(*^_^*)

 

iron

iron2

 

 

窓枠に鉄、手すりも鉄。

アイアンというと、可愛らしくなりがちなイメージですが、無骨で洗練されたカッコいいデザインです。

無駄なところが無く、ガラスの配置やオープンスペースとプライベートスペースとの分け方も絶妙。

これがホントの注文住宅、規格化された建売やハウスメーカーとは違う。榊社長のセンスに驚きました!

 

IMG_3415_R

榊社長宅。モデルルームにしていると。・・・親子5人で住まわれているのに見学して良いんですか?と。 専務が朝から頑張って片づけて下さったみたいで、ありがとうございました!

 

もう築10年近くなる、榊社長のお宅は刺激的でした!

 

まず、トイレにドアが無い!寝室にカーテンが無い(^_^;)

sa1

お風呂がガラス張り!

sa2

発想が飛んでるけど、「ドアなんか無くったって良いんだよ」っとケロッと話す榊社長。おもしろい人です(^○^)

IMG_3435_R

階段を上がるとオープンキッチンの向こう側にリビング。リゾートのバーにでも来た気分です。 この階段を上がりきったところで、お客さんは皆さん「契約お願いします」と言われるそうです。

 

IMG_3445_R

向かって右が榊社長。ちなみに正面はK-Livingのイケメン兄さんです(しつこいか(^_^;)スミマセン)

 

施工途中の物件を見せて下さったり(スリッパが無くて、みんなで養生テープを靴下に貼って現場入り(笑)私はイケメンに上履きを貸してもらいましたアハハ・・・)

駆け足で現場を回り、行きたかったアンティークショップに立ち寄り(実は榊社長のご兄弟のお店でした!)夜はみんなで茨城の名産、常陸牛を食べました。

美味しい肉など食べなれてないからまぁ、ホントに美味しいこと!パクパクいただきました。ホントに食べること大好きな私(盛)です。

 

PLUS HAUSの榊社長、スタッフのみなさん、ありがとうございました!

そしてコビちゃん、勉強会のセッティングありがとうございました。

山本さん、川堀たけちゃん、おさむちゃん、5月に勉強会・・・頑張ってセッティングしてみます。ちょっと待っててください!

 

 

 

水戸への道中、沢山物色してきました(^○^)

 

そして、工事に使う(将来使いたいものも)沢山ツバ付けてきました!

 

ant

 

全部工事で使いたい・・・もう妄想が止まらない私です(^_^;)

 

 

 

 

 

 

昭和レトロな店舗工事はじまります~花と作家ギャラリー~

2015年4月23日

before

 

昭和レトロな雰囲気がそのまま残ったこちらの建物。

現調に伺ったときに「私が借りたいです!」とつい言ってしまうくらい、レトロ好きにはたまらない一軒家です。

 

お花の教室&クオリティの高い作家さん達の展示販売&貸しギャラリーを併設したお店になります!

お店の名前は「Hamano-ya」さん。

 

場所は川越 蔵の街です!

半年ぶりの川越 蔵の街の工事です。またまた現場に行ったついでに蔵の街散策をしてしまいそうです(^_^;)

 

 

 

家づくりを考えはじめたら~物件選び~

これから住まい探しをする方、ご参考になればと思い、このコラムをはじめました。

 

家づくりが終わったばかりの方、残念な気持ちになるといけないので読まないで下さいね。

(家づくり、購入が終わった方でも、家に手を加えていきたい・・・と考える方はOKです!)

 

 

中古を買ってリフォームしようと考えている方

建売住宅購入のために物件を探している方

注文住宅を建てるために土地を探している方

 

そんな方々の、お家づくりに失敗しない方法を綴っていきたいと考えています。

 

第1回目は物件選びについて。

 

家を買おう、引っ越そう!と思った理由は何ですか?

そろそろ定住するところが欲しい・・・と思われる時期って、やはりお子さんが学校へ入学されるタイミングでしょうか。

家族が増える予定があり、手狭になってきた・・・ということでしょうか。

選ぶ基準は学区だったり、通勤や買い物に便利なところ・・・などなど。

 

例えば、一番の優先順位が「学区」や「利便性」(駅近)だとします。

「学区」を優先するとかなり物件が少なくなります。まして駅近で探すとなると、新築や土地を探すのは、よほど駅から遠い物件になるでしょう。

埼玉の新座・朝霞・志木辺りで探すとなると、お値段が高いか、土地が狭くて3階建てか、マンションか(マンション派の方は比較的駅近は選びやすいですよね)。

 

注文住宅を建てられる方はそれなりの高収入か預貯金が沢山ある方、親の援助が受けられる方に限られてしまいます。

 

・・・まず私じゃ買えません(-_-;)

 

 

その前に

ホントに住みたい家はどんな家ですか?

 

お子さんのための「学区」重視の方→数年経ったらそのこだわりが何の意味もなくなる時期がきます。それでも学区にこだわりますか?

駅近の利便性重視の方→それなりの出費と狭小住宅に長年住むのは苦ではないですか?

自分がこだわっていることが、他のデメリットを生んでないか、それがいつまで続くの?

などなど家族で色々意見を出しあってみて下さいね。

 

場所にはこだわらない、住まい方(間取り)や仕上げの素材にこだわったり、インテリア重視!という方は、注文住宅になると思います。

巷で言う「建築条件付き土地」「注文住宅」ではありませんので、ご注意ください。

「フリープランで建てられます♪」は、フリープランでない場合もあります。素材も選択肢が少ないのが通常です。

「建築条件付き土地」は、建売住宅と同じと考えられたほうが宜しいでしょう。

 

建築条件付き土地を購入されたお客様が、指定の設計士に提示されるプランが融通が利かず、家づくりを投げ出してしまいそうになる寸前にホームスパイスに間取りと担当設計士との交渉の方法を相談に来店されました。

そのお客様は、今はハッピーに新居にお住まいです(*^_^*)。

その話はまた今度。

 

何だか新築に偏って書いてしまいましたが・・・

 

物件を探すのに、選択肢にいれると幅が広がるのが「中古住宅」です。

 

中古を買ってリフォームしてからお住まいになる方も増えましたね。

ホームスパイスのお客様も、中古を買って、入居する前にリフォームされる方も多いです。

中古物件を買うときに、リフォーム費用も住宅ローンに合算できるのはここ3年くらいでしょうか。

新築じゃなきゃダメ!というこだわりが無い方は、中古住宅も視野に入れてみて下さい。

 

長くなったので、今回はここまで。

 

ちなみに・・・ホームスパイスにご来店いただくと、家づくりをするための家族の意見をまとめるノートがありますので、欲しい!と言っていただければ差し上げますので、遠慮なくお声掛けくださいね。

 

 

 

 

 

1 / 3123