築浅だけどリフォームしたい理由

2016年7月25日

 

立派な設備だけど、何かもの足りない・・・気に入らない・・・

注文住宅でも建売住宅でも良くある話です。

 

どうしてそんなことが起きるのか?特に注文住宅なのに?なぜ?

 

予算が無いという理由ではありません。

 

「ハウスメーカーで取り扱えない」ものもあります。

「施主の好みを理解できない」。これはただ単に建築施工側の勉強不足。

 

Tさんのお宅は高性能な家ですが、ハウスメーカーのオリジナル設備しか選べなかったことが心残りで、ご自分でDIYで何とかしようとされていました。

 

無料相談会で何度かお話しして、タイルを貼ってみようか、ペンキを塗ってみようか等々。

 

・・・しかし、どうしてもうまくいかない!ということで、ちょっとお得な制度を使って、新築から5年ですがリフォームに踏み切られました。

施工場所はキッチンと洗面所、そしてついでにリビングに漆喰を塗ることに。

 

beforek

 

現状→お客さんに見せたくないキッチンだけど、リビングに入ると丸見え。

どうせだったら見せてカワイイキッチンに!

ということで、施工後リビングに入るとまず視界入るのは・・・

 

IMG_0981_R

 

さわやかなフレッシュグリーンの塗装壁がアクセントのキッチン。

アイボリーのタイルに目地はグリーングレー。

 

IMG_0975_R

 

化粧梁をアクセントにして、照明器具もカワイイペンダントを幾つか。

Tさんが使っていたIKEAのカウンターは高さが高すぎて、使いづらかったとか。

そして白いペイントがちょっとこの空間には合わないな・・・ということでIKEA家具もリメイク。

グリーンの少し入ったアイボリーの板で横を囲い、対面収納にしました。

 

洗面所は

image

 

立派な洗面化粧台でしたが

吊戸棚は扉をペイントして再利用・陶器の洗面ボウルとカワイイ水栓の洗面台を造作。

 

IMG_0968_R

 

洗面台パーツとタイルをアップでみるとこんな感じです。

 

IMG_0875

レトロな丸ミックスタイル。

 

LDKには漆喰を塗って

IMG_1021_R

カーテンも新調しました!

 

 

完成後にお邪魔した時はM君の誕生日。

IMG_1022_R

 

Mくんのおばあちゃんが手づくりご飯でパーティの準備をされていました(*^_^*)

 

吊戸棚がなくなったので収納力が落ちたように見えますが、パントリーとカウンター下収納をカゴ収納で上手に利用されていました。

 

吊戸棚の収納は死蔵庫になってしまう方も多いと思います。

見えるところ、手の届きやすい所に必要な分だけ物を持つことが、「物を大事にする」基本なのだと思います。

 

そして使うもの置くものも厳選して、良いものを長く使うようにしたい・・・とおっしゃってました。

 

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です